鳩被害iから身を守るための方法【専門の業者に依頼すること】

アシナガバチを退治する

作業員

個人対処は早めに

ハチの巣が身近なところにあると、いつ刺されるか心配だと思います。ただ身近にあるのがアシナガバチの巣であれば、すぐに駆除しなくても、それほど心配する必要はありません。アシナガバチは見た目こそスズメバチに良く似ていますが、性格はおとなしく、巣の側に近づいたくらいではまず刺されません。またアシナガバチは虫を主食としているので、花や畑の作物を食い荒らす害虫を駆除してくれる益虫にもなります。巣の見分け方としては、スズメバチの巣が外殻を持つのに対し、アシナガバチの巣は外殻が無く、巣板がむき出しの状態なのが特徴です。ただおとなしいとは言っても毒針を持ち、刺された時には非常に激しく痛むので、小さな子供がいる家庭など、気になる場合には早めに駆除しましょう。個人的にアシナガバチの巣を駆除する場合は、巣を作り始めたばかりの初期に行います。アシナガバチの巣から2メートル以上は慣れた風上から、殺虫剤を風に乗せて吹きかけると、巣にいる女王蜂が離れていくので、そのすきに巣を破壊してしまいます。その後巣の合った場所に殺虫剤を吹きかけておけば、再度巣を作られる事もありません。殺虫剤にはハチ専用の物を使うのがお勧めで、薬剤の飛散距離が長いので安全性が高まります。もしアシナガバチの巣が手の届かない高所にあったり、成虫の数が多い場合などについては、駆除専門の業者を利用したほうが安全です。ハチ専門の駆除業者であればどこでもアシナガバチの巣の駆除をしてもらえますし、値段的にもスズメバチに比べて安く作業してもらえます。

Copyright© 2018 鳩被害iから身を守るための方法【専門の業者に依頼すること】 All Rights Reserved.